コンサドーレ札幌スポーツスクール

7月20日札幌ドームサブグランドで「コンサドーレ札幌 スポーツスクールin Fu’s」フラッグフットボール教室を行いました。

小学3年生から6年生までの男女29名を対象に10:30~12:30の約2時間実施しました。

IMG_4500

指導は清田グリズリーズのスタッフ(松本コーチ、萩原コーチ、パプワコーチ、ビーチコーチ、望月監督)と、北海道大学アメリカンフットボール部ビッググリーンの選手、スタッフの計13名で行いました。

 140720-103207_R

2時間という短時間ではありましたが、子ども達の理解度も非常に良くスムーズにプログラムをこなしていきました。

140720-112933_R

最後の簡易ゲームは予定より多くの時間を確保でき、たくさんゲームができました。

 140720-120524_R

作戦や役割分担が自主的に話し合われ、またそれがうまくいく場面も見られたのでとても感動しました。

 140720-120518_R

フラッグフットボールという競技の特性である「役割分担が明確」
参加する各々に、明確な役割があり、作戦を完全に遂行するには全員の理解度が必要不可欠。

それを、1プレー単位で実感できる。

ボールを遠くまで運べたら全員で喜べ、失敗すると全員で悔しがり「改善」を考える。

短時間でしたが、これらを少し実感できたフラッグフットボール教室であったと感じました。

このフラッグフットボール教室終了後は、スクールの子供たちと一緒に札幌ドームでJリーグ「コンサドーレ札幌vs大分トリニータ」を観戦しました。

 140720-135730_R

このたびはこのような貴重な機会をいただだきありがとうございました。

清田グリズリーズでは北海道唯一のフラッグフットボールの団体として、このようなフラッグフットボール教室や体験会、体験イベント等普及に繋がる活動には積極的に参加したいと考えています。ご遠慮なくお問い合わせフォームよりご連絡ください!